学力向上を望むなら家庭教師をつけよう|中学生から苦手科目を克服

勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学という学び舎

笑顔の人

人間環境大学では人と環境の視点に立って授業が展開されているため、人として、これからの社会人としての教養が身につきます。また、三つの特色ある学科が設置されているほか、積極な情報発信が学生や受験生にとって学びの理解や意欲を促していることが支持されている理由の1つでしょう。

Read

試験に向けた対策指導

メンズと女の子

中間テストや期末テスト対策に加えて、最終的には志望校に受かるための学力アップを実現することが、中学生にとっては最大の課題です。学習塾で指導を受けるのが中学生の一般的なテスト対策ですが、家庭教師を活用したほうが、より一層効率的に学べるでしょう。日ごろから週に1回程度家庭教師から補習指導を受けることが、中学校の教科書内容を十分にマスターするための基本です。更に定期テストや入試の直前に指導回数を増やすことが、テストの出題傾向に合わせて、最も重要な単元を学習するための近道です。家庭教師の指導をフルに生かすためのコツは、苦手な科目と分野を中心に教えてもらうことです。教えたもらった内容を繰り返し復習することで、苦手な教科や単元であっても、得点アップが達成できるでしょう。

良い先生を選ぶことが、中学生が家庭教師の派遣サービスを利用して、テストの得点アップに役立つ内容を学ぶためのポイントです。無料体験指導と教師指名制度を活用して、わかりやすく指導してくれる先生を選ぶことで、テストに出る内容についての理解も深められるでしょう。問題の解き方を一つ一つ丁寧に指導してくれる先生も魅力的ですが、家庭での復習の方法についても教えてくれるのが、生徒や保護者からも高く評価されている先生です。指導を通じて学んだことを学校の授業やテストで生かせるようにすることが、志望校に合格するための必須条件です。教科書内容を理解することが中学生にとっては重要であり、基本からじっくりと指導してくれる家庭教師を選ぶのが理想的です。

対策しよう

ノートとペン

初めての面接なる人も多く、質問に対する答えや態度など緊張する点はたくさんありますがはっきりとゆっくりと伝えたいことを面接官に伝える気持ちで臨んでください。入室する際のマナーや聞いている時の態度などは普段から意識して身につけましょう。

Read

3年間の頑張りを活かす

男女

3年間コツコツ頑張ってきた生徒にとって、その頑張りが最も明確に評価される入試が、指定校推薦入試です。3年間の内申点や、部活動・ボランティア・生徒会活動など勉強以外での頑張り、人間性を評価される入試であるからです。

Read