大学という学び舎|学力向上を望むなら家庭教師をつけよう|中学生から苦手科目を克服

学力向上を望むなら家庭教師をつけよう|中学生から苦手科目を克服

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

大学という学び舎

笑顔の人

大学に通うということ

大学とは社会に出る前の前段階として、小社会と言われています。社会はこれまでの子供としての知識・行いは通用せず、大人としての対応が求められます。そのため、社会としての経験や学習を行いながら、万が一失敗をしても支援を行ってくれる環境として大学は機能しています。人間環境大学では、こうした社会への架け橋として様々な支援を行っています。将来の可能性を広げる人材育成プログラムや資格取得支援のほか、学生個々の不安や悩みに寄り添う相談室が設けられています。このような支援を適切に利用することで、専門科目の知識だけでなく、人としての成長ができるメリットがあります。また同様に、実際の職場体験をする機会を利用することで、社会経験を積むこともできます。

学びの内容

人間環境大学には心理学科・環境科学学科・看護学科の三つの異なる特色をもった学科があります。受験生にとって人気である理由は、どの学科を選択したとしても、人間環境大学ならではともいえる、人間と自然・環境との調和に重点を置いた学びを得ることができる点にあります。普通、理系・文系のどちらかに学びが偏ってしまう大学がほとんどですが、人間環境大学ではその両方に加え、複合的な内容の講義も展開されています。いのち・こころ・環境の未来を創造する大学として広く定評があります。また、学科によっては、認定心理士や教員免許、公害防止管理者などの資格取得をすることができるのです。加えて公式ホームページを積極的に更新し、写真や動画などのメディアもアップされるなど、内外への情報発信の頻繁さも人気の要因と言えるでしょう。