対策しよう|学力向上を望むなら家庭教師をつけよう|中学生から苦手科目を克服

学力向上を望むなら家庭教師をつけよう|中学生から苦手科目を克服

ウーマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

対策しよう

ノートとペン

工夫次第でメリット

入試にある面接での質問は少し工夫することでたくさんのメリットを得ることができます。事前に準備をして最大限に利用しましょう。まずは志望動機です。これを聞いてこない学校はないと思ってもいいでしょう。ホームページを見たりオープンキャンパスに行った時の印象を答えましょう。家族や先輩に在校生卒業生がいる場合はその話をするのもいいですね。次にその学校の教育理念です。なんとなく受験をしに来ているのではないかと思われてしまうので、この質問にもきちんと調べて答えられるようにしておきましょう。他には大学生活で取り組みたいことなどを質問される場合もあります。高校で打ち込んできたことや取り組んできたことなどを詳しく話せるとよいでしょう。

マナー

面接で注意する点は言葉遣いです。面接官に対しての言葉遣いが丁寧に、学校に対しては敬語を使いましょう。初めての面接で緊張しているかもしれませんがはっきりとゆっくり話しましょう。もし質問が聞き取れなかった場合は、聞き返しても問題ないので焦らないでください。焦って早口になって面接官に伝えたいことが伝わらないようなことがないようにしましょう。面接は1人で行なう場合と何人かで行なう場合があります。特に、集団面接中は他の人が答えている時の態度も見られるので気を抜かないようにしましょう。また、他の人が答えた質問に対して、自分の意見を求められるときがあります。さらに2つのグループで討論形式の面接を行うこともあります。手を挙げて発言する形式もあるので積極的に手を上げていきましょう。